厄除け開運祈願(厄払い)

古くより一生の中で最も災厄の多いとされる年齢を「厄年」といいます。この人生の節目には忌み慎む習わしがあり、神様のご加護をいただいて災厄が身に振りかからないよう、神社にお参りして厄払いをします。

 

厄年を迎える時期は、ちょうど精神的、社会的な転換期とも重なり、様々な面で変化の多い年回りとされています。

 

男性が25歳・42歳・61歳、女性が19歳、33歳、37歳とされています。その前後3年を前厄・本厄・後厄と称し、注意を払うべき年とします。


厄年でない方も何か気に掛かることがあるようでしたら、ご祈願をお受け下さい。神様のご加護のもと晴れやかな気持ちで日々を過ごしましょう。

平成31年(2019年) 厄年表

平成三十一年厄年表

※厄年の厄除けは数え年で受けるのが一般的です。生まれた時点、基点となる最初の年を「一歳」、「一年」とし、以降元日(1月1日)を迎えるごとにそれぞれ1歳、一年ずつ加えた年齢です。

星田神社 厄除け開運祈願(厄払い)について